モデルクレンズは妊娠中や授乳中に飲むと副作用で危険?

モデルクレンズは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

モデルクレンズは大人気のむくみ解消+ダイエットサプリです。
妊娠中や授乳中は体がむくみやすく、試してみたいという人も多いのではないでしょうか?

ですが、私が調べた結果、モデルクレンズには副作用を及ぼす可能性がある成分が含まれていることがわかりました。

ギムネマの効果と副作用とは?

モデルクレンズには、ギムネマという成分が含まれています。
ギムネマはインドに生息する植物で、体の中の糖分を吸収してくれる効果があります。

また、お腹が減っても空腹感を感じなくなるという効果もあります。

つまり、甘い物や炭水化物を食べても、ギムネマを飲めば太りにくくなり、お腹も減らないので食べる量も減るという、とてもありがたい成分なのです。

実際、ギムネマはインドでは糖尿病の治療などにも用いられています。

糖分吸収の裏を返すと・・・

ですが、ギムネマの糖分吸収効果には、いい面だけでなく悪い面もあります。
それは、ギムネマを摂りすぎると、体の中の糖分が不足することがあるということです。

そのため、ギムネマを過剰に摂取すると、貧血や低血糖などの症状が現れることがあります。

モデルクレンズには大量のギムネマは含まれていないため、決められた量を飲んでいれば副作用が起きることはほとんどありません。
しかし、ギムネマを飲むのをやめた方がいい人もいます。
次の項目に当てはまる人は、副作用を起こす可能性が高いため、モデルクレンズを購入するのはやめたほうがいいでしょう。

モデルクレンズで副作用を起こす恐れがある人

モデルクレンズに含まれるギムネマで副作用を起こす可能性がある人を紹介します。

妊娠中・授乳中の人

妊娠中や授乳中の女性はモデルクレンズを飲まない方がいいです。
なぜなら、ギムネマの副作用でお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるからです。

ギムネマは糖分の吸収を抑える働きがあるため、お腹の赤ちゃんに送られるはずの栄養もブロックしてしまうからです。
そのため、ギムネマのせいで赤ちゃんの成長が遅れたりする可能性があるため、妊娠中の人は飲まない方がいいでしょう。

また、授乳中もおっぱいの栄養が少なくなったり、赤ちゃんにギムネマの成分そのものが送られたりする可能性があるので、飲まないことをおすすめします。

成長期の子供

成長期の子供は、たくさん栄養が必要です。
そのため、ギムネマを飲むと成長するための栄養を吸収できず、発達が遅れる可能性があります。

特に、ギムネマは糖分を抑える働きがあります。
糖分(ブドウ糖)は、脳が吸収できる唯一の栄養分です。そのため、成長期にブドウ糖が足りなくなると、知能の発達に影響が及ぶ恐れがあります。
ですから、まだ成長が止まっていない、中学から高校性程度の子供たちはモデルクレンズを飲むのは辞めましょう。

糖尿病の人

ギムネマは糖尿病の薬としても用いられており、血糖値を下げる効果があります。
すでに糖尿病の人は、血糖値を下げる薬を飲んでいるため、モデルクレンズを飲むと血糖値が下がりすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

妊娠中や授乳中はモデルクレンズを控えよう!

モデルクレンズには、ギムネマという成分が含まれています。
ギムネマには糖分の吸収をブロックする効果があります。このため、甘い物や炭水化物を食べ過ぎても太りにくくなれるという、夢のような効果があります。

しかし、

授乳中や妊娠中の人
成長期の子供
糖尿病の人

などは、副作用を起こす恐れがあるため、飲むのはやめたほうがいいでしょう。

モデルクレンズの効果を詳しく解説!

このサイトのトップページでは、モデルクレンズの効果について徹底的に解説しています。
もっとモデルクレンズのことを知りたいのなら、是非お読みくださいね!

トップページ:モデルクレンズの効果に迫る!

コメント